猫雑貨、ねこグッズ専門店 ほのぼのわーるど
猫雑貨・ネコのレア物の店【ねこグッズ ほのぼのわーるど】

ねこグッズ
セール
スイーツ
今だけあるだけ
アクセサリー
アロマグッズ
インテリアグッズ
ウェディング
猫のキッチングッズ
ステイショナリー
ストラップ
タオル&ハンカチ
陶器と食器類
ぬいぐるみ
バッグ&ポーチ類
ファッション
猫のラッピンググッズ
その他ネコ雑貨

にゃんこ基金グッズ
イベント
ラッピングについて

お店の最新情報メールマガジン

ネコあれこれ
ミャウの部屋
猫のQ&A
猫ランキング
猫のリンク集

お店について
店舗情報
プロフィール
ご注文方法
送料・お支払
Q&A
お問い合わせ
雑誌掲載
特定商取引法に基づく表記
 

色は休業日 です
2018年 2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

 

2018年 3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ほのぼの姉妹店
姉妹店のグッズも
一緒に購入できます

うさぎグッズほのぼのわーるど

ほのぼの本店
ほのぼのわーるど【TOP】



  

 

 

 

ミャウのお話あれこれ
〜 出会い 〜

ミャウとお姉さんの出会いは山梨県のとある美術館だったにゃん♪

お姉さんは、その日たまたま絵本美術館に行きたくなって車で山梨県へ。
小淵沢絵本美術館という名前の絵本の美術館・・・こんなきれいなところ。
小淵沢絵本美術館
絵を見た後、お茶もできるので、そこでのんびりとティータイム。

そんなときに、館長さんから声を掛けられて・・・。
なんでも、前日に猫が美術館の前に捨てられていて、11月になろうとしている
小淵沢はもう寒い! でも、家には大型犬がいたりするので家の中にあげて
飼うことが美術館では難しい。でも、こんなに小さい体では寒い冬を生き延び
られるかどうかわからないから、飼い主を探していると・・・。

実はお姉さん、ものすごい「犬派」で、猫なんて飼いたいと思ったこともないし
見ている分には良くても「飼う」となったときの猫に対するイメージは最悪。

お姉さんのイメージする猫とは・・・
 ◆勝手気ままな生き物である  ◆ひっかく    ◆わがまま
 ◆家をボロボロにしそう      ◆しつけが出来ない       

とまぁ、いい印象はゼロなんじゃないのぉ??って思うほど、猫を飼う気は
ゼロで、いつかは飼い主に忠実で頭の良い犬を飼いたいと夢見ていた
らしいニャン。 なので、もちろん館長さんからのお話も逃げ腰・・・
 「いやぁ、猫は嫌いではないですけど、飼いたいとは思ってなくて、
  それにうちは マンションですしぃ〜」 と ぼそぼそ・・・

しかし ここで館長さんの必殺技が炸裂!

今、連れてくるから とりあえず見て。
気に入ったら連れて帰ってやって

まったく気が進まないお姉さんだけど、動物は大好きなので子猫を見たい
気持ちも抑えられず、一応見るだけ・・・見るだけ・・・と。

連れてこられたミャウは お姉さん以外にも人がいたけど、
「この人がミャウのママにゃん」と決めていたので、そばに
行ってスリスリ♪ そしてお姉さんへ可愛さアピールの為
大人しくお姉さんのそばで毛づくろい&ごろニャ〜ン♪

そして、ウルウルのお目々で「アイフルのチワワのくぅ〜ちゃん」にも
負けないくらいの「おねだり顔」でお姉さんを見上げる・・・
〜 あたち・・・かわいいから連れて帰ってにゃん♪ 〜
見あげるミャウ

ノックアウト!
・・・したかと思ったのに お姉さんはちょっと手強かったにゃ。
しばし ミャウと遊んでいたお姉さんは 立ち上がって
冷静さを取り戻そうと必死になっていたみたいにゃ〜

「すみません、すごく可愛いですし、連れて帰りたい気持ちもあるんですが・・・
 生き物はおもちゃじゃないですし、子猫のままではないですし、今、衝動的に
 この子が可愛いと思って連れて帰っても、この子のことをきちんと考えて
 本当に最後まできちんと責任をもって育てられるのかどうか・・・。
 猫を飼いたいと思ったことがないので猫のことも全然知りませんし。
 私より もっと猫のことをわかって、いい飼い主さんがいるかもしれませんし。
 ちょっと頭を冷して 冷静に考えてみます。 まだ 山梨の観光もしてないので、
 ブラブラしながら考えて もしも飼うと決めたら また戻ってきますので・・・」

と館長さんに言うと出て行っちゃったにゃん。
ありゃ?ミャウのママだと思ったのに。(;。;)

でも、ミャウの直感は当ってたにゃん。
だって、お姉さんは3時間後に絵本美術館に戻ってきたんだもん。

「観光中も ”この子が寒さで死んだらどうしよう”って思うと
頭から離れなくて戻ってきました・・・この子 連れて帰ります」

こうしてミャウはお姉さんの家の子になったのでした。
ちなみに 山梨県から埼玉県まで車の中では初ドライブに
ドキドキするあまり、お姉さんの肩に乗って小さくなってたにゃん(^^)

肩乗りインコではなく、肩乗りねこ・・・
肩に乗るミャウ

絵本美術館には1日しかいなかったけど、優しい美術館の人たちが
つけてくれた 赤い首輪が今でもミャウのトレードマークなの♪

次はミャウの研究テーマのお話にゃん

ミャウの部屋TOPへ

 

猫雑貨・ネコのレア物の店【ねこグッズ ほのぼのわーるど】

当HP内 全ての画像・素材・文章の著作権は けいし けいこ に帰属します。無断転載・使用禁止
当店オリジナル商品の模倣および無断転載、転用、商品化を勝手に行うことを固く禁じます
※Sorry,Japanese only.  Copyright (C) 2005-2016 KEIKO KEISHI All right reserved.
Do not reproduce or copy any of the contents of this website without the owner's permission. Thank you